ノベルティストアデータ入稿ガイド>データ作成について

データ入稿ガイド ― データ作成について

データ作成時に注意して頂きたい項目を下記にまとめましたので、ご参考の上データ作成頂きますようお願い致します。

  • 指定データ形式
  • 画像保存時の圧縮・解像度
  • RGB→CMYK変換について

指定データ形式

  • 文字のアウトライン化

    プリンターで最終出力をした後、アウトラインをとって出稿して下さい。

    同じ文字列でアウトラインできる文字とアウトラインできない文字が混在している場合は、文字が消えます。
    よくあるトラブルのひとつなのですが、この場合こちらでは文字が抜けているのかいないのかの判別が難しいので、お客様の方で入念にチェックをお願いいたします。

  • 色指定、画像はCMYK

    RGB画像はプリンター出力時にはカラーで出力されますが、印刷の場合にはRGBデータだとCMYKの認識をしない為、その箇所は消えるかグレーで出力されます。
    色指定も同様ですのでデータは必ず設定をCMYKに変換してからご入稿をお願いいたします。

  • 画像はリンクで配置

    大きな画像データを、イラストレータ上でラスタライズまたは画像を埋め込むとイラストレータに負担がかかり、作業効率が悪くなります。また、 画像に補正や修正を施す場合にも手間がかかります。

    埋め込む画像はリンクで配置し、必ず添付してお送りください。

  • 塗り足しを考慮

    ベタ部分や平アミ部分の塗り足しはすぐに修正できますが、画像はほとんどの場合、追加修正が不可能です。

    塗りたしは基本的に3mmとなっていますが、製本や折り加工がなければ、1mmでもあれば結構です。断ち仕上げサイズちょうどしかない処にベタや写真があった場合に、印刷時の微妙な用紙のブレや断裁時のブレに対応して余裕を持たせるためのものです。印刷物は決して一枚づつ切りません。

  • トリムマーク

    切りトンボ、折トンボなどが印刷や加工の作業の中でもっとも基準となる不可欠なものです。
    仕上げる位置、折り位置だけは必ず分かるようなデータにしておいて下さい。

  • 罫線は「線」で設定

    罫線を「線」で色設定せず「塗り」で設定している場合があります。 画面やプリンターでは線は認識されますが、セッターでは出力されません。細い罫(0.2p以下)も保証できません。

  • 画像解像度

    画像解像度をdpiでなく、dpc(cm)で設定されている場合があります。 重いデータは非常に作業効率が悪くなります。 適切な解像度に設定して下さい。

  • リッチブラック

    4色ベタは汚れやトラブルの原因です。リッチブラックが必要な場合はインク総容量は340%までに押さえた方が何かと無難です。

  • オーバープリント処理

    黒には自動でその処理がかかるますので、黒100%がノセ処理になると不都合な場合はその処理をされるか、事前にその箇所をお知らせ下さい。

  • カンプとデータ

    最終保存時の出力紙がない場合はデータは印刷しないものと見なします。必ずデータとカンプは同じものをご用意下さい。

  • 色の確認

    色にシビアなお仕事の場合は、必ず色校正をお願いします。弊社簡易色校正(インクチェッカー)、本紙校正も格安で請けたまっています。別途費用が発生します。

  • ソフトのバージョン

    イラストレーターは 注文時に必ずバージョンをお伝え下さい。また、対応ソフトの欄に説明がありますので必ずお読み下さい。イラストレーター・フォトショップともにCS3まで対応しております。CS4で制作された場合は、バージョンを落して保存してください。

    対応ソフトフォント

ページの先頭にもどる

画像保存時の圧縮・解像度

画像の解像度はカラーとグレイスケールで300~350dpiで設定して下さい。この解像度は原寸で使用したときのものです。配置時に拡大や縮小をすれば実質解像度は変化しますので注意して下さい。

モノクロ2諧調は1200dpiでOK!です。解像度が高いと写真がきれいだという通念がありますが、ボケた写真はいくら解像度を高くスキャンしてもボケたままです。原稿がシャープなもの(リバーサルポジとかフォントを直接打ち込んだもの)は解像度を上げることでシャープ性が高まりますが、それも限界と制約があります。(出力線数が175lin)

「pixels/inch」を「350-pixels/cm」で設定したデータが時々あります。 これは数倍、データが重くなるので注意下さい。

画像解像度

圧縮してデータをシェイプアップされる場合は、EPS保存時のオプション圧縮をご利用下さい。「最高画質の圧縮」でしたら劣化はほとんどありません。但し、各種フィルタで画像に様々な処理をかける場合は、圧縮された画像を呼び出さずに、ノン圧縮のマザーデータをご使用下さい。

「バイナリ」保存でも下の3ケ所にはチェックを入れないで下さい。不都合が生じます。

EPSオプション

ページの先頭にもどる

RGB→CMYK変換について

モニター上で発光しているRGB(赤・緑・青)の3色を、印刷用のインクCMYKの4色に置き換える(分解する)ことは基本的には無理なことです。

下はAdobe Illustrator 8のカラー見本で、<A>はRGBのまま<B>はCMYKに分解したものです。<A>の上段左の6色はRGBの原色の組合せ色です。黄丸中の色域は<B>のCMYKではかなりの変化(くすみ)が生じています。この蛍光色は各種プリンターではかなり再現されているものの、現状の4色印刷機で使用しているインキでは再現できません。(開発されている途中です)

<A>RGB <B>CMYK

(左が RGBのままの画像、右が 一度YMCKに分解した画像。分解はファイル/カラー設定/YMCK設定/UCR-80%-340 )

<A>RGB <B>CMYK

RGB画像の空の部分は概してこの蛍光のブルーが多い。やや紫にくすんだ領域は色調補正して使用して下さい。

お問い合わせはこちら

【受付時間】 月~金曜日(一部の祝日および弊社の指定休日を除く) 9時~18時

ノベルティストアの全国百貨店共通商品券プレゼントキャンペーン

運営責任者より

責任者:山本責任者の山本です。広告代理店の経験を活かした柔軟な対応を心掛けております。販促品・ノベルティの事はご相談ください!